コラム » 十代暴動社

ライブハウス、かくかたりき

8月 12, 2011


TEXT : 長州ちから (twitter : @chosyu)
最近、禁煙のライブハウス多くないですか!!?

筆者が先月遊びに行ったライブが三本続けて禁煙の箱でした!

 

音楽なんて、さらにはロックなんて、酒と煙草があって成り立つ物ではなかったのでしょうか!と、声を大にして言いたい!筆者は言いたい!!

 

さらに突っ込ませていただくと、ライブハウスのお酒に対する意識の低さにはいらいらさせられる事が多々あります!大きな箱だから仕方ないというのも理解できるのですが、エントランスで強制的に500円徴収された割には検尿のコップみたいなサイズの少量のビールなんて飲みたくないっすよ!

カラオケ歌広場と同じグラス(プラスチック!!!)でいい歳こいてビール飲めませんよ!!!

 

俺は怒ってる!

ロックに酒と煙草を返せよ、と!!!!!

禁煙のライブハウス!そんなに灰野敬二(と秋田昌美)を呼びたいのですか???

 

しかしながら、お酒に親しみを感じるライブハウスもあるのです!

京都のライブハウスの多くはお酒のメニューも多く、フードも充実していい感じですね!

日本で初めてのライブハウスと言われている拾得(じっとく)を筆頭に、陰陽(ねがぽじ)、磔磔(たくたく)、UrBANGUILD(アーバンギルド)などは椅子席やさらには座敷もあり、ゆっくりとお酒と音楽を楽しむ事が出来ます!さらには打ち上げもそのまま箱で深夜まで出来、ライブハウスにお金を落とす事が出来ます!これはホントにいいシステム!居酒屋での打ち上げにチケット代より高いお金を払うなんてバカバカしくないですか!?ライブより打ち上げの方が盛り上がるってバカらしくないですか!8名様以上はコースになりますとか、そんな説明もう聞きたくないんですよ!!

前述の京都のライブハウスのような所では、打ち上げだけでもライブハウスの上がりがあるので企画時の箱代も安く、ギャラの支払いも良く、若いバンドへのノルマの無いとこがほとんどであります!

2006年に私が主催させていただいた十代暴動ナイトツアーで利用させていただいた磔磔では80人程度の集客だったにも関わらず、出演バンドみんながハッピーハッピーなギャラをいただきました!

 

京都のライブハウスが出来てるのですから、東京のライブハウスにも出来るはずですよ!是非とも音楽と酒とライブハウス!一番いい形で共存していけたらなと思います!

東京だと渋谷の7th Floreがいい線いってると思います!京都のバンドマンの間では「お洒落な陰陽」と言われていますよ!

 

もちろん私の知らないライブハウスでいい感じの箱も沢山あると思います!

リスペクト!止まるな!

 

健康で。

 

 

ILL-CHOSHUTINO


十代暴動社//長州ちから\\

@chosyuあなたをフォロー中。

オーガナイザー 十代暴動社/DUM-DUM LLP 毎月最終金曜日、渋谷HOMEにてぼんくらDJパーティー『ありがとう!おともだち。』開催中!

新宿歌舞伎町 ? http://teenage-riot.jugem.jp/

twitter : @chosyu


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます